主にイギリス・フランス・ドイツを中心に、フレンチ・ポップスやシャンソン、アートロック、アヴァンポップ、エレクトロポップ、映画関連など多数のジャンルを取り扱っております。好きなアーティストや作品への拘りもありコンディションの良い品揃えを心がけていますので、ぜひご利用くださいませ。
●『クララの森・少女愛惜』●サブchouchouの趣味のサークル『BRIGITTE』(フレンチ・女性ヴォーカル・映画と文学・少女愛好の会)内のブログです。心のミューズたち、永遠の少年少女たち、素晴らしき歌姫や女優たち、音楽・映画・文学・アート等について気ままに綴っております。ブログ内で参考にさせて頂いた作品の在庫のないものもお取り寄せ可能なものは販売させて頂きます。お気軽に「お問い合わせ」ください。どうぞ宜しくお願い致します。

ホーム●本・雑誌 > 外国文学:小説・詩集・評論『クジラの島の少女』 著:ウィティ・イヒマエラ 訳:沢田真一 サワダ・ハンナ・ジョイ 角川書店 初版
商品詳細

『クジラの島の少女』 著:ウィティ・イヒマエラ 訳:沢田真一 サワダ・ハンナ・ジョイ 角川書店 初版

販売価格: 300円(税込)
[在庫数 あり]
数量:
数奇な運命を背負った孤独な少女と一族の、愛と勇気の感動物語。

クジラ乗りのパイキアの血を受継ぐマオリ族。代々男を族長としてきたが、不幸にも生まれたのは女の子パイ。けれど彼女には不思議な力があった。
壮大な自然の力に導かれ、少女はパイキアとなるべき運命をたどる。

「小さな勇気が世界を変え、女の子でもと一口ーになれる」 ウィティ・イヒマエラ

ニュージーランドのファンガラの地で、一人の少女が生まれたその名はカフ。クジラ乗りの先祖をもち、代々男を長としてきたマオリの一族に、初めて娘が授けられたのだ。しかし跡継ぎを切望していた、長である祖父は、カフをどうしても受け入れられない。頼もしく優しい祖母や叔父、そしてニュージーランドの自然に囲まれ成長するカフ。やがて彼女に不思議な力が備わっていることに、二人は気づく。一方、頑な祖父は跡取りの男の子を探し続けるが、上手くゆかない。そんな時、いつもそばには笑顔のカフがいたそして運命の時は、突然、やってくる。クジラの異常な大群が浜に押し寄せた。かつてないマオリの危機に、一族全員が結集する。もはや為す術もない状況の中、クジラの声に導かれるかのように、少女は-人、海へと向かった…‥。マオリの少女が起こす寄跡が、国境を超えて感動の涙をもたらす。ニュージーランドの国民的作家が描く愛と奇跡の物語。

角川書店 2003年 初版 定価1050円 全255頁
カバー付

※カバー天スレありますが、中のページの状態は良いです。

メール便での発送も可能です。