主にイギリス・フランス・ドイツを中心に、フレンチ・ポップスやシャンソン、アートロック、アヴァンポップ、エレクトロポップ、映画関連など多数のジャンルを取り扱っております。好きなアーティストや作品への拘りもありコンディションの良い品揃えを心がけていますので、ぜひご利用くださいませ。
●『クララの森・少女愛惜』●サブchouchouの趣味のサークル『BRIGITTE』(フレンチ・女性ヴォーカル・映画と文学・少女愛好の会)内のブログです。心のミューズたち、永遠の少年少女たち、素晴らしき歌姫や女優たち、音楽・映画・文学・アート等について気ままに綴っております。ブログ内で参考にさせて頂いた作品の在庫のないものもお取り寄せ可能なものは販売させて頂きます。お気軽に「お問い合わせ」ください。どうぞ宜しくお願い致します。

ホーム●本・雑誌 > 外国文学:小説・詩集・評論『マーシェンカ』 著:ウラジーミル・ナボコフ 訳:大浦暁生 新潮社 絶版
商品詳細

『マーシェンカ』 著:ウラジーミル・ナボコフ 訳:大浦暁生 新潮社 絶版

販売価格: 2,500円 (税込)
[在庫数 あり]
数量:
ウラジーミル・ナボコフは、1899年に帝政ロシアのサンクトペテルブルクに生まれたが、革命の勃発の際に祖国を離れ、ベルリンを中心にヨーロッパ各地を転々とする。1945年にはアメリカに帰化し、コーネル大学などで教鞭をとる傍ら、英語での創作を開始し、『ロリータ』(1955年)によって爆発的な成功をおさめた。以後、ロシア文学の伝統をふまえた貴族的で特異な美意識をもつ芸術家として異才を放った。作品には、『プニン』『アーダ』『四重奏』などがあり、本書は、鮮烈な追憶のうちに甦る初恋とベルリンでの亡命生活を対比して描くナボコフの処女作である。

新潮社 発行 1972年 3刷 1987年 定価1400円 全201頁 絶版
カバー付

※中のページの状態は良いです。
カバー天スレ、小口ヤケあります。